RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

光ファイバーの彼方

同じニュースが、まったく違う価値を生み出します。
<< 渦巻く不安と苦悩 最高検捜査に大阪地検幹部「蚊帳の外」 | main | [写真蔵]アウディ R8スパイダー…フラッグシップオープン >>
BDからHDDへの書き戻し、AACSはもう一度検討すべき
0
    池田勇太の気になるココ!!この記事おもしろいですね♪

    以下、(BDからHDDへの書き戻し、AACSはもう一度検討すべき (+D LifeStyle) より引用)



    BDからHDDへの書き戻し、AACSはもう一度検討すべき (+D LifeStyle)


     「CEATEC JAPAN 2010」で数年ぶりにBDA(Blu-ray Disc Association)が基調講演を行い、「限りなく発展するBDのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。ナビゲーターを務めたデジタル・メディア評論家の麻倉怜士氏は、BDXLの登場やAACS規格の策定といったトピックを取り上げ、その意義について持論を展開した。
    【拡大画像や他の画像】
     麻倉氏はまず、2004年のCEATEC JAPANで行った自身の講演を紹介し、状況の変化を振り返った。当時は地上波を含めてデジタル放送はすべてコピーワンス。それが2008年7月から「ダビング10」が導入されたことで、ようやくプレイリスト編集などが実用的になった。さらにAACSの最終仕様が策定されたことで、BDからHDDへの書き戻しも可能になっている。これを受け、パナソニックのBlu-ray Discレコーダー“DIGA”最新モデルではBD-R/REからHDDへの書き戻しをサポートした。

     自身もヘビーなエアチェックユーザーである麻倉氏は、「ようやくここまで来た」と振り返りながら、AACSの仕様は不十分と指摘する。

     「HDD書き戻しの意義の1つに、複数ディスク間のコンピレーション作成がある。例えば3年前の松田聖子さんと現在の松田聖子さんの姿を集めたディスクを作ることができれば、それは時空を超えたコンピレーション。単なるアーカイブではなく、すばらしいコレクションになるだろう。しかし、(3年前の番組を録画した)ディスクが使えなくなってしまうのはいかがなものか」(麻倉氏)。

     現在の仕様では、書き戻しといっても処理はコピーワンス番組のムーブとなるため、書き戻した後のメディアに“再生不可”のタグが付き、事実上使えなくなってしまう。「ユーザーのために、ムーブではなくコピーすることを認めるべきだ。AACSは、もう1度検討してほしい」(麻倉氏)。

    ●BDXLの意義

     一方、3層もしくは4層の大容量メディア「BDXL」の登場も大きなトピックだ。対応するBDレコーダーを発売したメーカー各社は、「1年分のドラマを1枚に」などと経済性をアピールすることが多いが、麻倉氏の考えは少し違う。

     「BDXLの登場で、オリジナル画質のDR(Direct Recording)モードで(従来より)長時間の録画が可能になったことが大事だ。優れた番組との出会いは一期一会。SD画質やAVCRECではなく、オリジナル画質でパッケージ化したい」。また、CEATECの展示会場でTDKが参考展示した16層ディスクにも触れ、「もうBDXLの“次”ができている」と絶賛した。

    ●BD-REの秘めた実力

     そんな麻倉氏が最近気付いたのが、同じBlu-ray Discでも、メディアの種類と録画方法によって画質や音質に大きく差が生じることだ。とくにライトワンスのBD-Rより高価であまり注目されていないBD-REメディアだが、その隠れた実力が明かになったという。

     「BD-RとBD-REに同じ番組を録画してみると、REのほうが画質も音質もいい。映像はベールが1枚とれたようで、音質ももっと差が出る」。

     その理由をハードメーカーやメディアメーカーにたずねても頭をかしげるばかり。しかし、実際に横並び比較してみると、差は顕著に表れるという。さらに麻倉氏は、録画方法によって画質や音質が良くなるという研究成果も明かにした。

    1. BD-RE直録り
    2. HDD録画→BD-REにダビング
    3. BD-R直録り
    4. HDD録画→BD-Rにダビング

     もっとも一般的に行われている「HDDからBD-Rへのダビング」は、実はクオリティー面ではもっとも劣るのだという。ただし、BD-RE直録りにすると、録画番組はコピーネバーとなり、せっかくのダビング10が生かせない。後でコンピレーションを作る際にも不便だ。

     「解決策はダブルチューナーのBDレコーダーを購入して、同じ番組を同時録画すること。そうすれば、最高画質のBD-REとダビング10のHDD録画が残り、自由度が大きく向上する」。

    ●殻付きディスクの救済を

     BDエアチェックライフを満喫する麻倉氏には、AACSの仕様以外にもいくつかの提言があった。その1つが、市場にあるBDメディアに面白みが欠けること。VHS時代のように、メディアにも特定の用途に特化したコダワリの製品が必要だという。

     「VHSのときのように“メディア使い”の楽しみを提供してほしい。DVDのときも、ソニーの『音匠』(おんしょう)仕様のようなメディアがあったが、BDでは見受けられない。ぜひ、BD-REの音匠仕様を作っていただきたい」。

     もう1つは、Blu-ray Disc黎明(れいめい)期に登場した殻付きディスクについてだ。2004年頃、最初のBDレコーダーであるソニー「BDZ-S77」やパナソニック(当時は松下電器産業)「DMR-E700BD」で大量にエアチェックしたディスクを持つ同氏は、その後のBDレコーダーが殻付きディスクをサポートしないことに落胆したという。

     「CSRを無視している。メーカーは、ユーザーのために殻付きディスクの救済をお願いしたい」(麻倉氏)。歯にきぬ着せぬ麻倉氏の主張の数々。続きは、弊誌連載「麻倉怜士のデジタル閻魔帳」でどうぞ。



    まだ私には理解出来かねるところが。この記事は興味深いです。







    【関連記事】
    ブルーレイは大好きだがコピーワンスは大嫌い
    1枚で1Tバイト、TDKが16層の光ディスクを公開
    グラビアBD「川村ゆきえ Renaissance」で分かった“3Dの魅力”
    「REGZAブルーレイ」登場、“RD復活”はエアチェック界の大事件
    SACDの復権、BDオーディオの登場




    引用はここまでです。

    ブラウンスイーツマナスタッシュライゼンタールZiZiplayerでも疑っちゃいますね。サッパリした内容でしたね。

    【新品】発売中!GREENHOUSEグリーンハウスGHV-DV200K再生専用DVDプレーヤー/CPRM対応多彩な再生機能搭載リモコン付属/新品,家電,電化製品,激安,GREENHOUSE,グリーンハウス,GHV-DV200K,再生専用,再生専用DVDプレーヤー,DVD,プレーヤー,DVDプレーヤー,CPRM,CPRM対応,コピーワンス,リモコン付属
    【新品】発売中!GREENHOUSEグリーンハウスGHV-DV200K再生専用DVDプレーヤー/CPRM対応多彩な再生機能搭載リモコン付属/新品,家電,電化製品,激安,GREENHOUSE,グリーンハウス,GHV-DV200K,再生専用,再生専用DVDプレーヤー,DVD,プレーヤー,DVDプレーヤー,CPRM,CPRM対応,コピーワンス,リモコン付属
    ●品番:GHV-DV200KJANコード:4511677050916再生可能ディスク:DVDビデオ、ビデオCD、オーディオCD、CD-R/RW、DVD±R/RW、DVD±DL再生可能フォーマット:MPEG2、MPEG1、Xvid、MP3、WMA、JPEG信号方式:NTSC/PAL(手動切替可能)音声周波数特性:20Hz〜20KHzS/N比:90dB以上ダイナミックレンジ:80dB以上出力端子:コンポーネント端子(Y,【GREENHOUSEグリーンハウスGHV-DV200K再生専用DVDプレーヤー/CPRM対応多彩な再生機能搭載リモコン付属】シンプルで手軽な再生専用DVDプレーヤー。不要な機能を・・・ワールドセレクトマーケットの商品はコチラ
    ¥3890

    | テクノロジー | 03:09 | - | - | - | - |