RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

光ファイバーの彼方

同じニュースが、まったく違う価値を生み出します。
<< 最高のプレゼント 有馬制したヴィクトワールピサ | main | エイジアン・ダブ・ファウンデイション、3月に来日公演、ゲストにザ・ケミスツ >>
久々に覚えたワクワク感――Android普及の礎を築いた「Xperia」「GALAXY S」「IS03」
0
    フィーチャーフォンの検索情報!!うなってしまいました。

    以下、(久々に覚えたワクワク感――Android普及の礎を築いた「Xperia」「GALAXY S」「IS03」 (+D Mobile) より引用)



    久々に覚えたワクワク感――Android普及の礎を築いた「Xperia」「GALAXY S」「IS03」 (+D Mobile)


     2010年は“ケータイ”に触れる機会が極端に減った。ここでいうケータイとは、スマートフォン以外の携帯電話(フィーチャーフォン)のこと。この企画でも多くのライター陣が言及しているが、2010年は日本で本格的にスマートフォンが投入され始めた年となった。【田中聡,ITmedia】
    【拡大画像や他のモデルの紹介画像】
     筆者は仕事柄、複数キャリアの端末を所有しているが、初めて購入したスマートフォンが2009年に発売された「iPhone 3GS」で、それ以外はフィーチャーフォンを使っていた。それが2010年にはドコモは「Xperia」、auは「IS03」、ソフトバンクのもう1回線は「GALAPAGOS 003SH」に機種変更し、データ端末を除き、ついに所有している端末すべてがスマートフォンとなってしまった(一部は編集部の端末だが)。ちなみに「iPhone 4」はホワイトを買おうと考えていたが、発売が延期になり購入熱が冷めてしまったので、iPhone 3GSを使い続けている。

     記事を書いたり検証したりする上で、話題の機種に触れておかないといけないという事情もあるが、スマートフォンをここまで積極的に使おうと思えたのは、筆者の場合はiPhoneの功績が大きい。大きな画面に触れながら操作し、インターネットにすぐにアクセスできる――。シンプルだが、これが当たり前になるとフィーチャーフォンには戻れなくなる。毎日活用しているTwitterを、スマートフォンのアプリ経由で快適に利用できるのも大きい。ブラウザ、PCメール、Twitter(を含むSNS系アプリ)の利便性が、スマートフォンに替えてから飛躍的に増した。

     そんな中、2010年に自分の中でも存在感が増したのがAndroid端末だ。上記のスマートフォンを使う理由だけを考慮するとiPhone1台でも十分だが、今年発売されたAndroid端末の中には、iPhoneとは違ったワクワク感を覚えた機種がいくつもあった。

    ●新しいコミュニケーションのあり方を提案した「Xperia」

     まず挙げたいのがNTTドコモの「Xperia」だ。フルタッチ形状はiPhoneと同じだが、狭額縁設計を施した4インチの大画面、持ちやすさに注力したラウンドフォルム、側面のS字ラインなど、iPhoneとは違った感性に訴えるデザインが新鮮に映った(発売当時の日本ではiPhone以外にフルタッチ型のスマートフォンがなかった、ということもあるが)。

     機能面で興味を引いたのが、メールやSNSなどの履歴や最新情報を時系列で一括表示する「Timescape」だ。この類の機能は、今でこそ他社のスマートフォンでも当たり前になりつつあるが、当時は珍しかった。ユーザーの写真(アイコン)+ツイートやメッセージが記されたタイルがざざーっと表示されるUI(ユーザーインタフェース)も新鮮で、「使ってみたい」と思わせた。実際に使うと「mixiボイスは反映されない」「返信やRTができない」「表示件数が少ない」など不満もあったが、それでも新しいユーザー体験は享受できた。

     アドレス帳のデータ(ユーザー)ごとに、TwitterやFacebook、メールなどのコミュニケーション履歴を見たり、顔登録した写真を見られる仕組みも当時は新しかった。こちらも他社が追随したが、アドレス帳の新しい使い方を提案したという意味では大きな新機能だったと思う。

     TwitterやFacebookなどが浸透していく中で、複数のSNSを使い分けているユーザーが増えていることは想像に難くない。こうしたトレンドをいち早く察知し、コミュニケーションを軸にTimescapeや新しいアドレス帳をXperiaに盛り込んだことには好感を持てる。Xperiaを使ってから「コミュニケーションをもっと楽しみたい」と思えうようになった。

     Xperiaは発売当時はiモードメールが使えなかったが、9月に「spモード」が開始されて「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが使えるようになり、バージョンアップ(関連記事1/2)を経て使い勝手も増していった。そして11月には待望のAndroid 2.1へのバージョンアップも可能になった。Android 2.2を備えるGALAXY Sの発売直後だったこともあり、2.1へのアップデートはタイミングが悪かった感もあるが、1世代後の端末に乗り換えたと思わせるほどのメジャーアップデートはユーザーにはうれしいもの。マルチタッチに対応しなかったのが惜しまれるが、ソフトウェアのアップデートだけでは限界があるのかもしれない。

     もう1つ残念なのが、著作権保護されたWalkmanの音楽コンテンツをXperiaで共有できず、PCソフト「Sonic Stage」や「x-アプリ」もXperiaに対応していないこと。iTunesを使えるiPhoneはもちろん、IS03がLISMOに対応して、過去の着うたフルやLISMO Portにためた楽曲をIS03に転送できることを考えると不満を感じる。今後はWalkman連携の実現にも期待したい。

     個人的には、海外で発売された小型の「Xperia X10 mini」や、小型でQWERTYキーボード付きの「Xperia X10 mini pro」といったモデルが日本で登場するとさらに支持を集めると思うがどうだろう。GALAXY Sは9.9ミリという薄さをアピールしているが、これから日本で本格的にスマートフォンを普及させる上では「小型化」も1つの訴求ポイントになる。2011年には正統進化したハイスペックなXperiaはもちろん、その脇を固める兄弟機の登場にも期待したい。

    ●日本展開の方向転換が功を奏した「GALAXY S」

     2009年は海外メーカーの勢いが増したと感じたが、2010年はその勢いが市場に大きな影響を与えた。その台風の目となったのがSamsung電子の「GALAXY S」だ。今振り返ると、まさかこのモデルが“2010年に”日本で発売されるとは思わなかった。GALAXY Sが日本で初めて披露されたのは2010年の4月23日。Samsungのグローバルモデルの説明会ということで、この時点ではGALAXY Sの日本投入については「可能性がある」程度の言及に留まっていた。それが半年後には日本でドコモから発売されるに至った。もちろん日本向けにも周到に開発していたのだろうが、その決断とスピードに驚かされた。

     これまで日本で発売されていたSamsung電子のケータイといえば、ソフトバンクのOMNIAシリーズや、ドコモのWindows phone「SC-01B」などが記憶に新しい。いずれも日本向けのオリジナルモデルで、OMNIAは鮮やかな有機EL、SC-01Bは日本のケータイに合わせた操作法を採用する(関連記事1/2)など、ケータイやスマートフォンとしての完成度は高かったが、「何かが足りない」感もあり、いずれも大ヒットしたとは言い難かった。GALAXY Sは日本向けにある程度カスタマイズされているとはいえ、ベースはグローバルモデル。Samsung電子がこれまで日本に特化したモデルを開発していたことを考えると、GALAXY Sの投入は1つの大きな決断(方向転換)だったといえる。

     GALAXY Sは4インチのスーパー有機ELや最新のAndroid 2.2を搭載、自社開発したCPUによりスムーズな操作を実現し、発売から2カ月経った今でも好調に売れている。ディスプレイの美しさはもちろんだが、実際に使ってみてあらためて効いたのが、厚さ約9.9ミリ、重さ約118グラムという薄くて軽いボディだ。GALAXY Sをポケットに入れて携帯していると、ポケットの中に端末が入っていることを忘れてしまうほどだった。

     ボディにアルミを採用して質感をアピールしたHTCの「HTC Desire HD 001HT」(約164グラム)とは対照的に、GALAXY Sは質感が乏しいのが少し残念だが、すべては薄さと軽さを優先させたと考えると納得がいく。GALAXY Sのデザインを担当したSamsung電子のリ・ミンヒョク氏は「ボディが軽いと落下したときに壊れるリスクが減る」と話しており、この考えも合理的だと思う。デザインや質感は好みの分かれるところだが、GALAXY Sは「長く使えるスマートフォン」の1つの答を示したといえる。

    ●これぞ日本のスマートフォンだと感じた「IS03」

     スマートフォンの投入で後塵を拝していたKDDIが、反転攻勢の一手として放ったのが「IS03」だ。各キャリアでスマートフォンを普及させたキラー端末は、ソフトバンクがiPhone、ドコモがXperiaだとしたら、auは間違いなくIS03だ。ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイという“三種の神器”を備えるのはもちろん、au one ナビウォークや助手席ナビ、LISMO、Run&Walkなど、auケータイで慣れ親しんだアプリやサービスもきっちり対応させたのは、ドコモやソフトバンクのAndroid端末と比べても評価できる(個人的にはオムロンの歩数計の移植もうれしい)。au網を利用した「Skype au」も話題を集め、KDDIが水面下で着々と進めてきた準備がようやく実を結んだといえる。iPhoneやXperiaを見てやきもきしたauユーザーの中には、IS03を見て、KDDIの田中社長のように「感無量」だった人も多かったのではないだろうか。

     側面にフレームをあしらったデザイン、(意外と訴求されていないが)iPhone 4と同解像度(640×960ピクセル)のディスプレイ、機能性を兼ねたメモリ液晶、文字入力のしやすさなど、随所に完成度の高さを感じる一方で、タッチパネルの反応やバッテリーの持ちなど、「もう一歩」と思うところもある。それでも、IS03にはモノとしての愛着を特別に感じる何かがある。XperiaやGALAXY Sはグローバルモデルがベースになっているので、どこか距離を感じてしまうところがあるが、IS03は純粋に日本人のために作られたスマートフォンなので、親しみや安心感を持って使える。

     IS03を見て「スマートフォンがガラケー化した」なんていう声も聞くが、先述のとおりIS03はハードウェア性能も高いので、しっかりローカライズすれば、海外でも十分通用するのではと思う。と同時に、IS03には「日本のスマートフォンはこうあるべき」というKDDIの意思表示を感じた。すでに春モデルとして「IS04」や「IS05」が発表済みだが、2011年も、さらに進化したIS seriesを見せてほしいと思う。

     最近は知人から「Androidってあのauのやつでしょ」「レディー・ガガのCMが頭から離れない」といった話をよく聞くようになった。KDDIの「Android au」のプロモーションが功を奏し、IS03はAndroidを広く知らしめることにも貢献したといえる。

    ●完成度は随一、シャープ色を強く感じる「GALAPAGOS 003SH」

     上記の3機種と比べると印象度は次点になるが、2011年の冬春モデルとして発表されたスマートフォン(Android端末)の中で、デザイン、機能、サービス、UIすべての要素で最もバランスよくまとまっていると感じたのが、ソフトバンクの「GALAPAGOS 003SH」だ。ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、キャリアメールのほか、3Dコンテンツを楽しめる3D液晶も備える。日本メーカー製モデルでは、現時点で唯一となるAndroid 2.2を搭載しているのもポイントが高い。工夫が凝らされたホーム画面や独自の「TapFlow UI」など、iPhoneとは違った直感的な操作性も光る。

     ソフトバンクモバイルがiPhoneほど積極的に売り出していないのが残念だが、同梱の16GバイトmicroSDHCに多数の3Dコンテンツをプリセットしたり、ビューンやソフトバンク ブックストアなど、ソフトバンクならではのコンテンツも増えつつある。また、003SHはシャープのコンテンツプラットフォームである「GALAPAGOS」の名を冠するモデルでもある。シャープのスマートフォン向けポータルサイト「GALAPAGOS SQUARE」で利用できるものは3Dコンテンツを除き、IS03、SH-03C、003SHいずれも同じだが、シャープがスマートフォン向けに新サービスを始める際、まずは003SHから対応、といったこともあるかもしれない。

     IS03がKDDIカラーの強い端末だとすると、003SHはシャープカラーの強い端末といえる。サービス重視ならIS03、機能重視なら003SHといったところだろうか。日本メーカーでは先行してAndroid端末を発売してきたシャープは、現時点で他社をリードしているのは間違いない。2011年のラインアップも楽しみだ。

     余談だが、ドコモはXperiaやGALAXY Sで「新しいユーザー体験」を、KDDIはIS03で「日本ならではのスマートフォン」を訴求していることを強く感じるが、ソフトバンクモバイルがAndroidを通して何を訴求したいのかが、いまひとつ伝わってこない感がある。ここで取り上げた003SHも、Xperia、GALAXY S、IS03のように発売日にセレモニー(関連記事1/2/3)をやってもいいのではと思うほどエポックメイキングな製品だと思うのだが……。4月に発売された「HTC Desire X06HT」に至っては、3月28日の日曜日(!)に開催された「ソフトバンクオープンデイ」で発表された。新製品が日曜日に発表されるのは異例のこと。もちろんソフトバンクの主役はiPhoneだが、せっかく優れた製品が多いのだから、Androidにももう少しスポットライトを当ててほしいと思ってしまう。

     2011年は2010年よりもさらにスマートフォンのラインアップが増えるだろうが、「フルタッチ型のAndroid端末」が主流と考えると、フィーチャーフォンよりもデザインや機能で差別化を図ることが難しくなる。日本メーカーにとっては腕の見せ所だろう。Samsung電子やHTC、LGエレクトロニクス、Huaweiなど海外メーカー勢は日本メーカーにとっては脅威になりえるが、1人の記者としては非常に興味深い。次はどんなワクワクする端末で驚かせてくれるのだろうか。2011年も目が離せない1年になりそうだ。



    めったにないことですよね。これは気になります!!







    【関連記事】
    ドコモ、Androidスマートフォン「Xperia」を発表
    開発陣に聞く「Xperia」(前編):スピードが命――Androidと組織横断のチームで実現した「Xperia」の“心地よさ”
    開発陣に聞く「Xperia」(後編):“枠のない”無限のつながり――「Xperia」で目指した造形美
    NTTドコモに聞く「Xperia」:オープンとiモードのいいとこ取りをする――ドコモが「Xperia」の先に見る景色
    iPhoneに勝てる?:スマートフォンを使いやすく――「Xperia」を基点にドコモが目指すもの




    引用はここまでです。

    めったにないことですよね。不思議と共感できました。

    ホール・オブ・ホールズ六甲(自動人形 エクリヴァン)


    | テクノロジー | 21:18 | - | - | - | - |